シミ取りクリームがそばかすに!

彼女は幼いころからそばかすが多くて悩んでいました。

 

彼女の母親もかなりのそばかすがあったので、遺伝的な原因もあったと思います。

 

私が化粧品を扱う仕事をした時にある1本のシミ取りクリームに出会いました。

 

シズカゲルといって、シズカゲルの口コミを見てみるとそのクリームの作用等がそばかすにも効くようなので、彼女に勧めてみました。

 

彼女は半身半疑でお試し品(3回分)を使い、肌に合わないこともなさそうなので、1本使ってみました。

 

毎日夜の肌のお手入れ時に使用し、1ヶ月が経ったとき、ビックリしました。

 

あきらかにそばかすの数が減っているのです。

 

小さな薄いそばかすはほとんど目立たなくなり、大きく濃いそばかすは、そばかすの外周が薄くなっているようでした。

 

「大きく濃いそばかすはできてから年数が経っているものなので、完全に消えるまでは時間かかるよ」と教えてあげると、彼女は「いつか消えるかな?」と聞いてきましたので、「継続は力なりかもね」と答えました。

 

彼女は今でもそのシミ取りクリームを使用しています。会うたびに、そばかすは目立たなくなっているようです。

 

お化粧をする時間が短くなったとかなり喜んでいます。

 

大きく濃いそばかすもいずれは目立たなくなることでしょう。

 

安い物ではありませんが、継続使用しています。彼女は母の日に彼女の母親に同じクリームをプレゼントして、今では親子でそのクリームのリピーターです。

 

 

 

私がシミを気になりだした時

私がシミを気になりだしたのは、11~13歳頃。

 

もともと子供の頃からソバカスがあり、

中学生の時にはもうシミに悩んでいました。

 

外の部活を中学から高校までしていた事もあり、

いつも真っ黒でした。

 

思春期でしたので気になって、

日焼け止めクリームは常に塗っていましたが、

汗で流れてしまって、まったく意味を成していませんでした。

 

二十歳の頃にはシミ取りクリームや美白と

名のつく化粧品を試し始めました。

 

まず手を出しやすかったのはドラッグストアにある安価なシミ取りクリーム

大体1000円~1500円だったと思います。

 

ビタミンC誘導体が入っていて、メラニンの生成を

抑えてシミを予防・改善してくれるという物。

 

チューブ1本使いきりましたが、まったく効果はありませんでした。

 

もしかしたら、薄くなったのかもしれませんが、

私は全部シミが消え去ると思っていたので(笑)

やはり安いのはダメなのかな?

と思って少しづつ金額をあげました。

 

次に試したのはDHCの薬用V/C美容液。

こちらは高濃度ビタミンCが

シミの奥深くに浸透してシミに効くという物。

 

これはクリームではなく透明な液体でした。

 

こちらは1年弱ずっと使い続けましたが、

こちらも私が思うほど効果は得られませんでした。

 

シミ取りクリームランキングなども参考にしましたが

化粧品では難しいのかな?と思い始めた時期でした。

 

しかし他にどうしたら良いのかわからず悶々としていたのを思い出します。

ガソリンスタンドでのアルバイト

ガソリンスタンド

基本的には給油や洗車を行う業務です。

アルバイトであってもオイル交換、タイヤの空気圧調整、タイヤ交換などもやっていました。

辛かったのはオイル交換でオイルがはねて顔にかかったり、服についたりしたことです、しかし一般生活の中ではやれないことなので、楽しかった記憶もあります。

汚いなどと思われがちなアルバイトかもしれませんが、お客様と会話でき、常連さんとは冗談が言えるまでになりました。

ただし一年中外で作業をして、水を扱うので寒さが苦手な人には向いていないかもしれません。

体と心の両面が鍛えられるので、やはり男性向きのアルバイトだと思います。ただし車好きなら女性でも大丈夫だと思います。

また、パトカーや消防車などの給油も行い、普段は触れることがなかなかできない車も触ることができました。特に消防車は格好良く、男性は憧れていることが多いと思います。

接客業を幾つか経験しましたが、ガソリンスタンドが一番いい思い出になっています。

 

 

 

アニメに関するものをいろいろ

アニメ好き!

子供の頃に観ていたアニメを再度観て、当時を懐かしんだりしています。

絵を描くのも好きなので、ペンタブレットを使って模写をしてみたりオリジナルで描いてみたりしています。

サウンドトラックのCDを買って、エレクトーンで弾いてみるなど。

思い出のアニメなどは、記憶を頼りに弾いてみたりしています。

声優さんの動画(ゲームプレイ動画)を観て、同じゲームをプレイしてみたりします。
(ほぼアニメのゲーム)

好きなアニメは自分で動画(パラパラマンガのようなもの)を描いてみたりしています。

セリフを文字に起こして自分専用の台本を作ってみたりしてます。
(販売や貸し出しなどはせず、家で見るだけ)

高校生くらいの頃は、同人誌即売会に本を出したりしていました。

今でも時間があればやりたいと思い、いろいろ描いてストックしています。

好きなアニメのグッズを集めるのも好きで、友達やSNSなどで交換して好きなキャラクターのグッズを集めています。